ノマドモデル流🦋英語上達法 × 海外で自由に生きる

NOMADEL

MY VOICE

【ティンダ— 体験談】出会い系アプリの先にあるもの

2020年2月24日

世界で爆発的人気を誇るLA発の出会い系アプリ「ティンダー(Tinder)」。最近ではこのアプリを知らない若者はいないんじゃないかっていうぐらい。

このティンダー世代に生きる一人である私も、好奇心から使用した経験がある。

そのマッチングの基準の低さから賛否両論を起こしているのも事実。

ノマドモデル
ノマドモデルです。インスタ制作もやってます。モデルポートフォリオも覗いてみてね。お問い合わせはこちら

出会い系アプリ「ティンダー」が有名になったきっかけ

そもそも何故ティンダーが有名になったのか

2012年にリリースされたティンダー。

ティンダー以外にも出会い系のスタートアップは当時数多くあった。

その中でもティンダーが世界で爆発的人気を誇るようになった。

ティンダーの創始者は堂々と言ったんだって。

「セックスするためのアプリだよ。」

他の出会い系プラットフォームがそんなあからさまに言ったらウケが悪いと考え、趣味・年齢・職業など事細かに聞いて男女をマッチングさせる。

ティンダーはその逆を狙った。

一夜限りの関係で1番最初に見るのはルックス。年収やら職業やらはその次。

完全に見た目重視のスワイプ機能のみのアプリが出来上がった。

「このアプリは金になる。」

まだティンダーが大きくなかった当時、LAにいた私の投資家の知人は、そんな創始者の包み隠さない答えを聞き、このアプリは絶対にヒットするって思ったらしい。

本気でティンダーに投資するか悩んだみたいけど、最終的にはセックスアプリに投資をする自分のプライドが許さなかったみたい。

「投資していたら俺は今頃億万長者だ。」

ティンダーが現代の若者の恋愛に対する価値観を大きく狂わせていると考える彼は、投資しなかったことに特に後悔はしてない。

賛否両論のティンダー

男女の出会いを増やしてくれるティンダー。

賛成派の意見としては、アプリを使う人の自由だし、実際そこから本物の何かを見つけて結婚をする人もいるじゃんって言う。

でもそれって全アプリユーザーの何パーセントなんだろう。0.01%以下なんじゃないかな。

絶大なティンダーファンがいる中で、絶対にアプリを使わないヘイターがいるのも事実。

体目的っていうアプリの趣旨自体嫌っていう人もいれば、もう少し根本的な部分に着目して嫌う人もいる。

アプリで簡単に出会えてしまうからこそ、1人のパートナーを大事にする意欲が減ったという若者が増えているのは事実。

上手くいかなかったらまたスワイプすれば良い。

対人コミュニケーションの欠如も大きい。

リアルティンダーに生きる海外モデルたち【体験談】

私の生きるモデル界は良くも悪くもルックス重視の世界。

大金が稼げる大きい市場ではモデルの数も増え競争率も上がるし、必然的にモデルのレベルも上がる。

ヨーロッパのオフシーズンにアジアに出稼ぎに来るモデルも多い。

モデルの数が増えると、モデル同士の社交の場も増える。

モデル同士の社交の場「モデルナイト」

ナイトライフの盛んな都市では毎晩どこかのクラブでモデルナイトが開催されていて、招待の連絡が町中のモデルに届く。

「モデルが来るクラブ」として覚えてもらうことで、クラブのステータスが上がる、いわゆるプロモーション。

そのプロモーションを手伝っている私たちはVIPルームが用意されていることもあって、タダで飲み食いができるシステム。

私たちからしたら、タダで飲めて食べれてはしゃいで、特別感もあるし、モデル同士のネットワークも広がるし、悪いことは特にない。

モデルナイトという名のリアルティンダー

そんな、精神面でまだ大人になりきれていない若い男女が、異国の地でそのような誘惑しかない社交場に放り込まれると何が起こるかは大体想像がつくと思う。

上手くいけば関係を続ければいいし、上手くいかなかったらまたモデルナイトで他を見つけたらいい。

付き合ったとしても数ヶ月後には契約が終わり遠距離になるから。

私はそれを会員制のリアルティンダーと呼んでいる。

アプリ上でもモデルしかいなかったら、きっとみんながみんなスーパーライクでマッチングを繰り返し、メッセージボックスが同じ会話でパンパンになり、誰が誰だか見分けすらつかなくなる。

いや、きっと誰でもよくなる。

ティンダーヘイターの1人であるロマンチストピュア乙女心満載運命論を信じる私も、自分の気付かないうちにモデルナイトというリアルティンダーに参入していたみたい。

そんな行為を何年も繰り返すと、立派にグレた大人が出来上がる。

思いやりや責任感の欠如。お互いに傷つけあって、人間不信に陥っているモデルを私は何人も見てきた。

例え本気の関係を始めても、いつ浮気されるかと怯えているし、信頼関係の構築ができない。今までしたことがないから。

モデルの女の子って面白いことに、最終的にメンズモデルとは正反対のタイプの男性と結婚をすることが多い。

ティンダ— 出会い系アプリがもたらす未来

ティンダーの先にあるもの

出会い系アプリがこれからの世代を担っていく若者にどう影響するかは分からない。

私の友達もみんな使っているし、その点で彼女たちを否定するつもりも一切ない。

むしろ彼女たちに幸せになってもらいたいし、素敵な人に出会ってもらいたい。

彼女たちから聞くおもしろティンダーエピソードを少し楽しみにしていることも事実。

でも少なくとも私の知っているリアルティンダーの先には、人間不信、信頼関係の構築やコミュニケーションの欠如など、あまりポジティブなものは見れなかった。

矛盾することに、ティンダーでも私のいるリアルティンダーでも、実際みんなが求めてるものってちゃんとした関係なんだよね。

私がティンダ—で痛い目にあったエピソードはこちら↓

タイトルなんてどうでもいい。20日目:私の初めてのティンダ—経験

続きを見る

是非読んでほしい記事↓ モデル界裏話ストーリー

【モデル界裏話ストーリー】「タイトルなんてどうでもいい。」1日目 美女たちとのご対面

合わせて読みたい記事

見た目の相性 VS 性格の相性 どっちが大事?【体験談】どタイプモデル男との関係

-MY VOICE

Copyright© NOMADEL , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.