ノマドモデル流🦋英語上達法 × 海外で自由に生きる

NOMADEL

MODELING

【モデル業】スカウトされやすい場所・条件・注意点

2020年4月30日

こんな時期だけど、ちょうど数日前にヨーロッパのモデル事務所から契約オファーを頂いて、声を掛けられる時に共通しているものがあると気付いたから、今回は国内外問わずスカウトされやすい場所・条件をまとめてみた。

大事な注意点も書いてるから最後まで読んでほしい。

ノマドモデル
ノマドモデルです。インスタグラムはこちら。制作もしております。広告制作の必要な方はお問い合わせください↓

リモート制作 AYA MEDIA

モデルスカウト 私が実際スカウトされた場所

モデル歴9年になる私は、海外の事務所も含めスカウトマンやエージェントと会う機会も多い。

私が実際にスカウトされた具体的な場所:

渋谷スクランブル交差点付近、表参道アップル前、原宿駅から渋谷駅へ行くまでの道、心斎橋筋、梅田駅付近の路地、海外のジム、インスタグラム・フェイスブックのソーシャルメディア等。

大阪や東京など、都会はやっぱりスカウトマンの数も多いイメージ。

モデルスカウト 基本1人でいるタイミング

モデルスカウトマンが声をかけやすい条件

居酒屋・レストランでグループでいる時よりも、1人で外を歩いている子にスカウトマンは話を持ち出しやすい。

私が声を頂いているのは今まで全部1人のタイミング。8割弱、1人で日中外を歩いているタイミング

クラブは意外にスカウトされにくくて、

暗い・お酒が入っている・グループでいる場、の組み合わせは、あまりスカウトマンにとっても好ましくない環境だと言える。

モデルスカウト デジタル上のアピールも大事

スカウトマンの目に付く写真を載せる

私の残りの2割はソーシャルメディアでのスカウト。

今ではインスタグラムのDM一つで人生が変わることもある。ソーシャルメディアに常に自分の作品を載せアピールすることで、モデル事務所の目に留まることもある。

インスタグラムは写真が見やすいこともあり、他のソーシャルメディアよりもスカウト率は高い。

モデルスカウト 場所:ジムがポイント

化粧もしてなくて汗だくでって思うかもしれないけど、ジムウェアを着てる時はボディーラインがもろに見えるからスカウトマンも選びやすい。

都心でいかにもモデルが行きそうなジムに行くことが重要。

モデルスカウト 場所:コンサート・夏フェス

私はコンサートに行かないから個人的にこの経験はないけど、海外ではよく聞く場所の一つ。

夏フェスで日中声をかけられたモデル友達が数名いる。

モデルスカウト 場所:空港も意外とチャンス

国外でモデル業をしたい場合、空港もチャンス。

モデルは海外を転々としている子が多いから、空港での出没率も高い。スカウトマンもそれを分かっていて、空港で目を光らせていることもある。

モデルスカウト 場所:事務所付近を歩く

モデル事務所が集結しているエリアがある国は多い。関係者やエージェントも多いからシンプルかつボディーラインの分かりやすい恰好をして、事務所前等を歩くのもアリ。

既に所属モデルと見られることもあって、逆に声を掛けられにくいと考える人もいるから、それは人それぞれ。

モデルスカウト 場所:芸能関係者の隠れ家

芸能関係者の多いレストランやカフェ、バーはどの国でも必ずあるから、それを調べて頻繁に足を運ぶというのもいい方法。

ファッションショーやモデル関係のイベントがあれば見に行くというのも一つの手。エージェントがいっぱいいるからそのままスカウトに繋がることもある。

注意点 スカウトをする事務所が良い事務所とは限らない

トップモデル事務所の現状

実際トップ事務所の場合、スカウトをしなくてもモデルたちから応募が来る訳で、あまり積極的にスカウト活動をしていない事務所も多い。

今まで40回ほど私はそういう機会を頂いたけど、実際信用できたのはたったの2社。ジムでのスカウトと、インスタグラムのDMだった。どちらも信頼性があるかどうかをリサーチしたうえで契約を結んだ。

親と一緒にいる時のスカウトは◎

事務所の信頼性、安全性ともに自信があるからこそ、親がいる時にでも声をかけれる。

モデルスカウト その場で事務所に付いて行かない

「ご興味ありましたら是非。」と言って時間をくれるスカウトマンは◎。

「オフィスが近くにあるから今から一緒に」と言われた場合、絶対に付いて行かないこと。

絶っ対に付いて行かないこと。

実際それでよく分からない部屋に連れていかれて、危険な目に合っているモデルも多いから、十分に注意してほしい。

どれだけ素敵なチャンスでも一度持ち帰って調べることが重要。

(既にその事務所を知っている場合はOK。)

モデルスカウト その場で契約を結ばない

「この機会を逃したら次がないかも」って思う気持ちもあると思うけど、信頼性のある事務所の場合、100%時間をくれるからその場で焦って契約を結ぶ必要はない。

良い事務所ほど、「よく考えて」って言ってくれるもの。

モデルスカウト まとめ

どこにチャンスが転がっているかは分からないから日頃から積極的に自分をアピールできる状態にしておくことが大事だと思う。

スカウトされた事務所をちゃんと調べて、安全な契約に繋げてほしい。

そしてこのコロナの時期にスカウトをしてきたエージェントは怪しかったら今回私はお断りした。

この時期にどうやってヨーロッパまで行くんだ。

おススメ記事↓

【モデル界裏話ストーリー】「タイトルなんてどうでもいい。」1日目 美女たちとのご対面

続きを見る

【モデル業】フリーランスか事務所所属か?どっちが得?【体験談】

続きを見る

【海外でモデル業】日本人ハーフが海外事務所にウケが良い理由

続きを見る

-MODELING

Copyright© NOMADEL , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.