ノマドモデル流🦋英語上達法 × 海外で自由に生きる

NOMADEL

MODEL STORY

タイトルなんてどうでもいい。 11日目:呪われたモデル

2020年4月10日

海外モデル契約90日

11日目:呪われたモデル

 

時速150キロの旅から無事に生還した私。

高速を下りるあたりからポツポツと雨が降り出し、アパートに着いた頃がピークで土砂降りの中私はアパートに駆け込んだ。

さすが雨女…。子供の時から都合の悪い時に見事に雨が降る。

朝6時。

くたくたになりながらアパートの古びたエレベーターに乗る。

とりあえず今日は天気も悪いし1日家でゆっくりしようって考えながら

玄関の鍵を開け、リビングに入るとルームメイトの美女たちが既に起きていて私は戸惑った。

朝、早くないか?

クラブからの朝帰り??

朝帰りにしてはドレスアップ感がない。

気強めベネズエラ美女は、いかにもモデルがよく着てそうな丈短めのシルクローブを羽織って椅子に座り、

ソフトフェイスブラジル美女はブラ姿にパジャマパンツでソファー、

同じ部屋のひょろひょろロシア美女はブランケットに包まり床に座り、ソフトフェイス美女の足にもたれかかっていた。

私:「おはよ~。みんな朝早いね?」

3人とも元気がなく、明らか様子がおかしい。

床のひょろひょろ美女が私を見上げ、怯えた声で私に言った。

ひょろひょろ美女:「他事務所のモデルが呪われたの。」

 

……。

…は??

 

いろいろと意味不明でリアクションに困り、何も言えず棒立ちの私。

私が0泊3日という地獄の旅で神頼みをしている間に、こっちでもスピリチュアルなことが起きていたのか。

3人とも表情が強張っている。

この私のいない短い間に一体何があったんだ…。

とりあえず私も椅子に座り、美女たちの話を聞いてみた。

 

他事務所のブラジル出身の16歳のモデルが、中心街にあるショッピングモールに行った時のこと。

ちなみに私もつい先週そこに初めて行ったばかり。

突然そのモデルの様子がおかしくなり、服を脱ぎ半裸状態で悪魔の名前を叫んだり、気が狂ったように大声で笑ったりしてモール中を走り回り、その後警備員に取り押さえられたらしい。

そのモデルも私と同じ新人で、契約開始後間もなく彼女の様子は急変しどんどん情緒不安定になり、突然暴力的になってルームメイトに襲い掛かったり、大声で笑いだしたり泣き出したり、誰の手にも負えない状態になっていった。

彼女はその後精神病棟に搬送され、現在検査中。

 

…。

ホラー映画みたいなことになっている…。

完全に乗り移られてる…。

 

幼少期に見たホラー映画がトラウマで幽霊ものがめちゃくちゃ苦手な私は、この時点で既に内心震え上がっていた。

もっと詳しく聞くと数年ほど前に全く同じことが、うちの事務所の新人モデルに起きたらしく、悪魔が帰ってきたと騒ぐ美女たち。

うちの事務所…。

他事務所ならまだしも、自分の事務所と聞いただけでこの悪魔の存在感が私の中で一気に大きくなった。

しかもその悪魔は新人を狙うのか?

怖すぎるだろ…。

ルームメイトたちの怯え方が尋常じゃないのが更に怖い。

私:「…その、前に呪われたモデルってこのアパートに住んでたの?」

お願いだからノーと言ってくれ、という思いのもと聞く私。

ソフトフェイス美女:「ここじゃないけど、3ブロック先のアパート。」

 

近い…。

聞かない方が良かった。

 

昨夜この悪魔がうちに来るんじゃないかと考え寝れなかったらしく、朝方からみんなリビングでくっついていた。

荷物を置いてくると伝え、一旦気持ちを整理するためにリビングにいるみんなを置いて自分の部屋に戻る私。

落ち着け。

落ち着くんだ。

こういう時だけ一人部屋じゃなくてよかったってホッとする私。

この状況で夜1人だと絶対に寝れるはずがない。

いや、まだただの噂話かもしれない、と願いながら

11日間という限られた人脈を使い、知り合った他事務所のモデルたちに連絡をとったんだけど、

みんな私のルームメイトたちと同じことを言っていて、町中のモデルに既に悪魔の噂が広まっている様子。

連絡をとっているうちに、この前オーディションでたまたま話した子がその16歳のモデルのルームメイトだと言うことが分かった。

知ってる子って分かると更に悪魔が近く感じる…。

連絡先は既に知っていたため、そのルームメイトに連絡を送り、返信が来るのを1人部屋で待つ私。

もう待っている間気が気じゃないと言うか、

寝ることもできないからとりあえず狭い部屋を1人歩き回って、考えたり気を散らそうとしたり。

30分ほどでルームメイトから返事が返ってきた。

今日はみんな恐怖のせいか朝が早いな。

 

メッセージ:「彼女はもう変わってしまった。本当に信じがたいけど何か不可解なことが起きてるんだと思う。」

 

メッセージを読んだ瞬間、私の中で噂話が実話へと変わった。

契約開始して11日、よりによって何で私の契約先でこんなことが起きているんだ…。

というか海外のモデル契約始まってからおかしなことしか起きてない気がするし、

いつもは鬱陶しいぐらいに晴れているのに、こんな日に限って外は雨だし…。

部屋の窓から見える薄暗い空を1人眺めて考えた。

 

*****************

午後1時。

全然眠れない…。

0泊3日のロケでほぼ2日寝てないのに、朝聞いた呪われたモデルの話が怖すぎて、あれから色々考えてしまって、

私は契約開始直後だし気をちゃんと持たないと本当にヤバいし、

恐怖に支配されている場合ではない。

家の美女たちは次は私かもしれないと怖がっていて、アパート全体が恐怖に包まれているためとりあえず気を紛らわすために、私は1人雨の中ジムに行くことにした。

ジムは私たちモデルは無料で使えるため、そこでも結局他のモデルたちに会って

みんな悪魔の話でもちきりで、もう私は誰とも話したくなかったから音楽を聴きながらランニングマシーンで走って

一汗かいた後にストレッチをしていると、同じ部屋にいたジムウェアの男が話しかけてきた。

ジムウェア男:「君、モデル?」

ガタイがよく日焼けした肌。30歳前後に見える。

話してみると違うモデル事務所のスカウトマンということが分かり、

ま~この彼が明るくて陽気で

マシンガンみたいによく喋る人で

私がうんうんって頷く前にもう次のことを喋ってるから

首が間に合ってなくて。

まだ来て間もないことを伝えるといろいろ街のことについて教えてくれた。

この後カフェに行くんだけど一緒に来ないかと誘われたため

私は彼について行くことにし、アパートに帰らずに済んで内心ホッとした。

 

*****************

筋トレを終えた私たちは、夕方ジム近くのカフェに向かった。

インテリアが可愛くてお洒落で、雨の日にも関わらず人で賑わっていて、

そうか、モデル界以外はきっと何気ない明るい1日なんだって気付いた私。

カフェに向かっている間もオーダーしている間もずっとマシンガン状態の彼。

陽気な男だ、と考えながらも私はその間悪魔の恐怖心と戦わなくて済んだから彼に感謝していた。

席に着きオーダーしたミルクティーとクッキーが運ばれ、業界の話をする私たち。

私:「実は、こういう噂が回ってるんだけど。」

悪魔の話を持ち出す私。もちろん彼もそのことは知っていた。

スカウトマン:「あ~聞いたよ俺も。なんかモデルたちが騒いでるね。噂話って残酷だよな~。」

あんまり真剣に捉えていない彼。

私:「いろいろと話聞いて思うんだけど、きっと噂話じゃない気がする。私の事務所でも前に同じことがあったって…。」

スカウトマンというモデル界のプロだから、きっと過去のことも知っているはずと思い、私はすがるような気持ちで彼の言葉を待っていたんだけど、

私の怯えている顔を見たのか、陽気だった彼がいきなり黙り込んだ。

明るい彼の深刻な表情を見た瞬間、今まで強がっていた自分の何かが切れて、誰も何も分からない状態が怖すぎて、

次呪われるのは私かもしれないっていう恐怖がこみ上げてきて、

我慢できず私はまさかのその場で号泣。

綺麗なお洒落カフェ店内で、

モデルが1人大泣きしている。

周りに座っている人たちが

あの2人は別れ話でもしているのか?

みたいな目できっと見てるんだろうけど、それもお構いなしに私はもう子供みたいにわんわん泣いて、

そんな私を見てびっくりするスカウトマン。

そりゃそうだろな。

ってか初対面だし。

きっと涙と鼻水でぐちゃぐちゃなモデルの顔にもびっくりしたんだろな。

困り果てたスカウトマンが焦りながら言った。

スカウトマン:「分かった分かった!うちの事務所の社長とこの件について話すから!すぐ真相を突き止めるから!大丈夫だって!とりあえず甘いもの食べて元気出して!」

そう言いながら彼は泣いている私の口にクッキーを押し込んだ。

口に入る涙が塩っ気を足して、ちょうどいい具合にクッキーの甘さが緩和されてて

抜群に美味しくて私はやっと泣き止んだ。

きっと明日には真相が分かることを考えると少しホッとできた。

 

モチベーション

★★2

ピュア度

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★25

ホラー映画のトラウマ度

★★★★★★★★★★★★★★★15

このストーリーは実話に基づいています。

「タイトルなんてどうでもいい。」 第一話目↓

【モデル界裏話ストーリー】「タイトルなんてどうでもいい。」1日目 美女たちとのご対面

続きを見る

前回のお話↓

タイトルなんてどうでもいい。10日目 生きて帰りたい旅

続きを見る

 

-MODEL STORY

Copyright© NOMADEL , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.