ノマドモデル流🦋英語上達法 × 海外で自由に生きる

NOMADEL

MODELING

身長が低くてもモデルになる方法 日本と海外でモデル業

モデルは身長が高くないとできないと言われている。

日本だと身長の難易度は一気に下がるけど、海外の場合はボーダーラインが女子173センチ、男子が185センチと言われていて、

女子の場合170センチ以下だと契約の話どころか相手にもされないことが多い。

今日は日本含め、各国でモデル契約をとってきた身長170を切っている私が、そんな固定概念をぶっ壊し低身長で悩んでいるモデルたちに夢を与えたいと思う。メンズモデルにもあてはまることだから是非試してみてほしい。

ノマドモデル
カリナです。インスタ制作もやってます。モデルらしい一面も見てください→モデルポートフォリオお問い合わせはこちら

身長が低いモデル ノマドモデルの私

私の過去モデル契約オファー先:

大阪、東京、ニューヨーク、ドイツ、バンコク 、ソウル、香港、インド、上海、サンパウロ、マニラ、イスタンブール、ホーチミン

身長が理由で何度も契約を断られてきた私だけど、今では海外の事務所からスカウトして頂く機会も多い。

自分からの応募・スカウト含め、国内外問わず今までの契約オファー数は70件ほど。有難い限り。

身長が低いモデル ニーズにあったモデルになる

身長が低いモデル パリコレは諦めよう

まず、身長170センチを切っているモデルがパリコレなどの海外のファッションショーに選ばれる可能性は1パーセント以下と言える。

だからと言ってモデル業で食べていけないわけじゃないし、広告の仕事を取れないわけでもない。CM案件もいっぱいあるし、町中が自分の写真で埋め尽くされることも可能。それってモデルとしてかなり夢があると思う。

モデルの仕事でも数えきれない程種類があるから、そこは現実的になり自分がどの枠の仕事を取れるかを考えることが重要。

身長が低いモデル 事務所リサーチ

海外の事務所の場合特に、身長が足りなかったら相手にもしてくれないところは多い。だからと言って全部そうとは限らないし、現に身長の低いモデルが事務所の利益に一番貢献しているケースも多い。

モデル事務所のウェブサイトに行き、所属モデルたちの身長を見ることが大事。そこで低身長のモデルがいる場合、「身長に対するハードルが低い事務所」と考えて積極的に応募するべき。

身長が低いモデル ポイントは「見せること」

ファッションモデルとして洋服ブランドの仕事をしたい場合、

このボーダーラインの170センチにいかにして「見せる」かが何よりも重要

写真の中の世界にいるのが私たちモデル。極論、写真の中で背が高く見えると洋服ブランドの仕事を取れるチャンスは上がる。

事務所ももちろん仕事を取ってほしいわけで、実際170を切っていても写真で170に見える子ならプロフィール上そう記載する。

私は172センチと盛り盛りに記載されることもある。

現に、163センチで世界中を回っているモデル友達もいて、その子のプロフィールには173って記載されていて笑ってしまった。

でもその子は顔が小さくて、胸お尻がちゃんと出てて、それであってウェストは締まっていて脚も長い。体のバランスが整っているから写真の中だと本当にそれぐらい高く見える。

じゃあどうやってそれをやるか↓

身長が低いモデルのための身体作り

これが一番重要。

肩幅、ウェストの細さ、頭のサイズ、足の長さで同じ身長でも見え方は大きく変わってくる。バランスの整った体は写真の中で背が高く見えることが多い。

撫で肩の人や、くびれのない体型は身長が低く見えがち。足も細い方が長く見えて身長も高く見える。

太すぎてもダメだし、華奢すぎても低身長に見えてしまう。

頭のサイズが大きい場合、肩幅を強化するべき。ウェストを細くしてくびれを作るとか、太ももを細くする筋トレだったり、自分の体を分析し、どこをどう変えていけば身長が高く見えるかを考える。

肩幅がしっかりしている子は大きめのサイズの服を渡されても肩が余らず着こなすことができるから、モデルとしてはだいぶ有利。

身長が低いモデル 髪の長さを考える

首の長い子だったら首が見えるぐらいまで切った方が体全体のバランスが良く見えることがある。

ロングヘアがいいのか、肩ライン辺りのボブカットがいいのか、それもとピクシーショートぐらいがいいのか、自分の体型に合うヘアスタイルを考えるべき。

身長が低いモデル ポージング練習

ポージングによっても、足が長く見えたり、背が高く見えることも多いから日々それを研究することが大事。姿勢で背の見え方も変わることもある。

スナップ写真を撮る際も、カメラの若干の高さや角度で身長の見え方や体のバランスの見え方は大きく変わってくる。下の2枚を見て分かる通り、左の写真の方が頭が長く足も短く見える。

次に下の2枚↓

棒立ちの時よりも少し角度を付けて足を前に出した方がウェストが締まって見えるし足の長さも変わってくる。

身長が高いと印象付ける

書類選考が通り事務所に実際に行くことになった場合、10センチ15センチヒールのサンダルやブーツを履いて第一印象で、「背が高い」と見せることも重要。

身長が低いモデル モデルポートフォリオを強める

身体作り、ポージングを練習した後でも身長の低さが目立つ場合、ポートフォリオのレベルを高めることでその弱みをカバーすることができる。

常に良いフォトグラファーにアプローチして、自分のスタイルが存分に出ている作品を撮ってもらうことが大事。

事務所もクライアントのいろんなニーズに答えるために様々なルックスのモデルを所属させたいと考えている。

特殊なルックスが武器になることも多い業界だから、思い切って目立つルックスにするのも一つの手。

日本人の場合、欧米人よりも頬骨が高く少し出ていて、それが海外では強みになることが多い。眉毛がしっかりしている子はそれをわざと協調したメイクをするのも一つ。逆に全部剃って特徴を出す子もいる。欧米の子で多いのはすきっ歯を強みとして活かす子。

少し奇抜なルックスのモデルが欲しいクライアントもいるから、事務所契約を取れる可能性も上がる。

身長を気にする時代は終わりつつある

今じゃインフルエンサーがブランドのモデルをしていることも多い。

企業側からしたら、服を綺麗に着こなすけど無名のモデルを起用するのか、既にファンがついているインフルエンサーを起用することでその人の持っている知名度を利用するのかの二択で考えることが多い。

ネームバリューが上がると自然と企業から声はかかるから、ソーシャルメディアでファッションインフルエンサーを目指すのも一つの手。

モデル事務所の契約よりも、その先を見ることが重要

モデル事務所が相手にしているのは一般企業やファッションブランド。

モデルとして起用したい!と企業から思われる子を、モデル事務所は絶対に放っておかない。彼らの利益に繋がるからね( ´∀` )

契約を取るためにモデル事務所ウケを考えるのも良いけど、最初から企業ウケを考えるといろいろとまた行動が変わってくる。

でもそこまで考えれると既にフリーランスモデルとしてもやっていける気はする。

フリーランスモデルとしてやっていくにしても事務所契約をとれる最低ラインは必要になってくるから、まだ駆け出しの子はまずモデル契約をとることに集中しても良いと思う。

オススメ記事↓

【モデル業】フリーランスか事務所所属か?どっちが得?【体験談】

続きを見る

【モデル業】スカウトされやすい場所・条件・注意点

続きを見る

【モデル界裏話ストーリー】「タイトルなんてどうでもいい。」1日目 美女たちとのご対面

続きを見る

-MODELING

Copyright© NOMADEL , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.