ノマドモデル流🦋英語上達法 × 海外で自由に生きる

NOMADEL

MODELING

モデルアカデミー・スクールに行かなくていい理由 全力でお勧めしない

2020年5月17日

モデルが通うスクール「モデルアカデミー」というものがある。

アカデミーに入ってレッスンを受ければモデルになれますよ、あるいは仕事が取れますよ、と言われているものなんだけど、今日は日本と海外でモデルをしている私がモデルアカデミーの意味の無さを訴え、この記事を読んでいるであろう若きモデルたちを全力で救いたい。

ノマドモデル
ノマドモデルです。インスタグラムはこちら。制作もしております。広告制作の必要な方はお問い合わせください↓

リモート制作 AYA MEDIA

この記事の信頼度:

モデル歴9年の私はノマドモデルとして各国でモデルをしてきた。

今までの私の契約オファー先:

大阪、東京、ニューヨーク、ドイツ、サンパウロ、バンコク 、ソウル、香港、インド、上海、マニラ、イスタンブール、そしてホーチミン。

足してみると70契約程。有難い限り。現在は独立して、フリーランスモデルとして食べている。

モデルアカデミーとは

モデルアカデミーとはモデル事務所に入るため、あるいはモデルの仕事を取るためのスクールで、新人モデルに対してウォーキングやポージング指導をするものである。大体月に何回と決められていて、鏡張りの教室でコーチに指導してもらう。

モデルアカデミー体験談

実際私もウォーキングやポージングの練習のために、モデルスクールに通っていた時期があった。

月に15000円程払い、週1日1時間半ほどレッスンを行うというもの。

最初は確かに他のモデルたちから学ぶことも多く、刺激的な環境ではあった。

そのモデルスクールがブランドや企業との繋がりとあるということで、いつか仕事がもらえると願いながら、私は無駄な6ヶ月間を過ごした。

ウォーキングがこーじゃないとダメあーじゃないとダメと言われるけど、ある程度歩けるようになったらウォーキングスタイルはみんな異なるもの。

モデルアカデミーの意味の無さ1:モデルアカデミーで習うことは全て事務所で習う

ウォーキングやポージング指導は大抵どこのモデル事務所でも行われていて、特にモデルアカデミーでしか学べないというものではない。事務所も自分の所属モデルに仕事を取ってもらわないといけないから、積極的にレッスンを行っているところも多い。

モデルアカデミーの意味の無さ2:モデルアカデミービジネスが目立つ

単価3000円、1回1時間半のレッスンを週に2回行うとして、1回のレッスンに30人のモデルが受講するとする。

それを1ヶ月(月に8回)すると考えると既に72万の収益。そこからスタジオ代、講師代を引いてもかなり手元に残る場合もあり、週3時間という労働時間で、なかなか効率良く利益を生むことができる。

モデルたちの先を考えたものではなく、完全に嘘の夢を与えるビジネス化したスクールも多い。

モデルアカデミーの意味の無さ3:基本ができれば後は1人でできる

モデルウォーク・ポージングの学び方

言語習得も筋トレもそうなんだけど、「学び方」さえ分かれば後は自分で成長できるものが多い。

モデルアカデミーに行くから仕事が取れると保証されることは一切なく、むしろ、レッスンにお金を払っているけど元が取れない、というケースがほとんど。

私の海外モデル友達

海外モデル契約で、事務所に全額費用を負担してもらって派遣されているモデルたちの中には、全くポージングやウォーキングのできないモデルもいる。

海外モデル契約のシステムを知りたい方はこちらの記事↓

海外でモデルをしたい!海外モデル事務所に入る

続きを見る

つまりそんな子たちでも海外で契約が取れている。パリコレを歩いているモデルでも全くウォーキングができていないモデルもいるけど、ブランドイメージに合うからと起用されている子もいる。

ポージングやウォーキングはもちろん大切なものなんだけど、アカデミーはそこにフォーカスしすぎていて、その先のどう契約を取るか、どう仕事を取るかは教えてくれないケースが多い。つまりアカデミーに何年通っていても、それが分からなかったら一生モデルとしては食べていけない。だから、「アカデミーに入ればモデルになれる」というのは少し矛盾している。

モデルの仕事を確実に取る方法を書いた記事がこちら↓

モデルの仕事が確実にとれる方法 モデルとして食べる!

続きを見る

トップモデル事務所に受かる方法がこちら↓

女一人旅 【初心者編】ハノイ名物をいただく~ノマドモデルの旅行日記~

続きを見る

これはトップ事務所じゃなくても、事務所に入るために使えるノウハウ。

私のポージング力向上のタイミング

9年間のモデル歴の中で、一番私がポージング力が伸びたと感じた瞬間は、実際に海外で毎日行っていたオーディションだと思っている。

そこで他のモデルたちのポージング力を目の当たりにして、自分のスキルの低さを痛感し、何回もオーディションで悔しい思いをして、そこから家で練習するようになった。

お金を払ってリハーサルをしているようなレッスンよりも、本気でモデルたちが仕事を取ろうとしているオーディションの方がよっぽど学ぶものが多いのは目に見えている。

モデルアカデミー 結論

1ヶ月だけ入会するのはアリ

自分で学ぶ力を付けるために、最初の1ヶ月だけ入会するというのはアリだと思う。

ウォーキングに関しては確かに指導者がいた方が分かりやすい。ただ、向上のコツさえ掴んでしまえばそれ以上アカデミーから学ぶことはない。

モデルアカデミーに入ったからと言って事務所に入れることは一切保証されていない。

モデル事務所も基本同じで、事務所に入ったからと言って仕事が保証されているわけではない。つまりモデル事務所に入るためにアカデミーに行くことで、自分でモデルの仕事を取るたのステップをもう一段階作ってしまっていることになる。

そこにお金と時間を費やすのであれば、最初から事務所に入るための努力をするべきだと私は思う。

新しい学び方 Youtube

Youtubeにポージングやウォーキングの動画がアップされているため、それを見ながら自分で勉強するのは十分可能。

アカデミービジネスにぼったくられるモデルが1人でも少なるなることを祈っている。

オススメ記事

【モデル業】スカウトされやすい場所・条件・注意点

続きを見る

【モデル業】フリーランスか事務所所属か?どっちが得?【体験談】

続きを見る

モデルの仕事単価の上げ方 モノの売り方と人の売り方の共通点

続きを見る

【モデル界裏話ストーリー】「タイトルなんてどうでもいい。」1日目 美女たちとのご対面

続きを見る

-MODELING

Copyright© NOMADEL , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.